よくあるご質問 >健康・医療・衛生 >健康づくり >札幌市国民健康保険の特定健康診査(とくとく健診)・特定保健指導について知りたい

FAQ 札幌市国民健康保険の特定健康診査(とくとく健診)・特定保健指導について知りたい

《概要》
【特定健康診査(愛称:とくとく健診)】
生活習慣病の原因とされる内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防・改善に重点をおいて行うほか、そのほかの病気の発見のために行う健診です。

【特定保健指導】
とくとく健診の結果から生活習慣病発症の可能性が高いと判定された方を対象に、生活習慣の見直し、改善を行うことを目的とする保健指導です。
特定保健指導実施医療機関や各区役所【健康・子ども課】(40~64歳の方が対象)、【保健福祉課】(65歳以上の方が対象)の保健師・管理栄養士が、保健指導の対象となった方の状況に応じた保健指導(無料)を行います。
特定健診の結果、特定保健指導の対象となった方には、特定保健指導利用券を送付します。(健診受診後2~3ヶ月後となります)

《対象者(令和5年度)》
札幌市国民健康保険にご加入の方で、40歳以上の方(令和5年度中に40歳となる方を含む)
※年度途中に国保に加入した方で令和5年度中に40歳となる方についても、とくとく健診の対象となります。
年度中に40歳となる方は、受診券が届いていましたら39歳時点でも受診可能です。
(ただし、前保険者が実施する特定健診を既に受診済みの方は除きます。)
※年度中に75歳になる方は、誕生日の前日までに受診してください。

《受診場所(【1】・【2】どちらかの場所で一年度に一回限りです)》
【1】実施医療機関
受診場所:市内の病院・診療所などの指定医療機関
実施時期:令和5年度(令和5年4月1日~令和6年3月31日(一年を通して受診できます))
※医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、直接医療機関にお問い合わせください。
※指定医療機関は【札幌市コールセンター】(電話:011-222-4894)、各区【保険年金課】【保健センター】でご案内できます。
また、関連ホームページ「札幌市国民健康保険ホームページ:とくとく健診(特定健診)・特定保健指導」でも最新情報をご覧いただけます。

【2】住民集団健康診査
受診場所:健診車が巡回する地区会館や集会所など
実施時期:おおむね5月~3月の実施を予定しています。
※各地区会館などでの具体的な実施日時は広報さっぽろで随時お知らせします。
※関連ホームページ「札幌市国民健康保険ホームページ:とくとく健診(特定健診)・特定保健指導」でも住民集団健康診査の予定表をご覧いただけます。
※予約は不要です。当日直接会場へお越しください。


【住民集団健診を受診される方へ】
健診中は各自マスクの着用にご協力をお願いします。
咳や熱の症状がある方、体調不良の方は受診をご遠慮ください。

《必要なもの》
受診時は受診券と健康保険証をお持ちください。

《受診時のお願い》
※できるだけ前年度のとくとく健診受診結果表をご持参ください。
※健診の前日は、アルコールの摂取や激しい運動は控えましょう。
※午前中に健診を受診する場合は、できるだけ朝食をとらないでください。
※午後に健診を受診する場合は、軽めの朝食をとり、健診までの飲食物(水は摂取可)は控えましょう。
※夕方以降に健診を受診する場合は、受診時に空腹であることが望ましいので、昼食を早めにとってください。
※心臓病、不整脈、高血圧で服薬中の方は、検査開始2時間前までに、水で薬を飲んできてください。
※糖尿病の方は、内服薬やインスリンは低血糖になる危険があるので使用しないでください。
※薬の服用について不安のある方は、主治医に確認の上、検査前に内服するか、または検査後に内服するかの指示を受けてください。

《健診項目》
受診者全員に実施する検査項目(基本項目)
診察:身体診察・問診、身体計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定
血液検査:脂質(中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール)、肝機能(AST、ALT、γ-GT)・血糖(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)・血清尿酸・血清クレアチニン
尿検査(尿糖、尿蛋白)
※前年度の健診結果等が一定の条件を満たし、かつ医師が必要と認めた方にのみ心電図検査、眼底検査を実施する場合があります。また、自覚症状などに基づき医師が必要と認めた方にのみ貧血検査を実施します。

《費用》
【実施医療機関】 
基本項目:1,200円
貧血検査:0円
心電図検査:0円
眼底検査:0円

【住民集団健康診査】
基本項目:600円
貧血検査:0円
心電図検査:0円
眼底検査:0円

※市・道民税非課税世帯の方、年度中に40歳に到達する方は受診費用が免除となります。
対象となる方は、受診券に表示されている自己負担額が0円になっております。
(年度初日(4月1日)で判明している課税情報(前年度の課税情報)に基づき、課税世帯・非課税世帯の判定を行います。
年度の途中で新たに国保に加入した方については、自己負担区分判定は当該年度課税情報に基づき判定を行います。)

《受診券について》
受診対象者の方に「受診券」を送付いたします。
受診券の送付時期は関連ホームページ「札幌市国民健康保険ホームページ:とくとく健診(特定健診)・特定保健指導」をご覧ください。
※受診券を紛失・破損した場合は、再発行しますので、お住まいの区の区役所【保険年金課】までご連絡ください。
※保険者が発行する受診券と健康保険証を健診実施機関に提示しないととくとく健診を受診できません。
※受診券の1・2面の氏名欄、住所欄に変更がある場合、2面の修正記入欄に自署してください。(健診受診結果等の送付に用います)

《受診後について》
医療機関等によって異なりますが、おおむね2週間から1カ月程度で郵送または面接により結果がでます。
健診結果を参考に健康づくりに取り組みましょう。
また、特定保健指導のご案内が届いた方は特定保健指導(無料)で生活習慣の改善に取り組みましょう。

《札幌市国民健康保険のとくとく健診の対象者以外の方について》
特定健康診査・特定保健指導は各医療保険者が被保険者を対象に実施します。
[協会けんぽ(旧政府管掌保険)・共済組合・健保組合などにご加入の方、被扶養者の方]
→ご加入の健康保険者にお問い合わせください。
[75歳以上などの後期高齢者医療制度に加入されている方]
→北海道後期高齢者医療広域連合から札幌市が委託を受けて特定健診に準じた健診(後期高齢者健診)を実施します。
[生活保護世帯の方]
→お住まいの区の区役所【保護課】や【保健福祉局保護課】(電話:011-211-2992)にお問い合わせください。
[中国残留邦人等支援給付世帯の方]
→「本人確認証」を持って、受診してください。

《お問い合わせ先》
1.とくとく健診の実施内容、特定保健指導については【各区保健センター】
中央保健センター(健やか推進係 電話:011-205-3352)
北保健センター(健やか推進係 電話:011-757-1181)
東保健センター(健やか推進係 電話:011-711-3211)
白石保健センター(健やか推進係 電話:011-862-1881)
厚別保健センター(健やか推進係 電話:011-895-1881)
豊平保健センター(健やか推進係 電話:011-822-2472)
清田保健センター(健やか推進係 電話:011-889-2049)
南保健センター(健やか推進係 電話:011-581-5211)
西保健センター(健やか推進係 電話:011-621-4241)
手稲保健センター(健やか推進係 電話:011-681-1211)

2.とくとく健診の受診資格の確認、自己負担額、受診券(再発行)については【各区役所保険年金課】
中央区役所(給付係 電話:011-205-3341)
北区役所(給付係 電話:011-757-2491)
東区役所(給付係 電話:011-741-2529)
白石区役所(給付係 電話:011-861-2491)
厚別区役所(保険係 電話:011-895-2594)
豊平区役所(給付係 電話:011-822-2505)
清田区役所(保険係 電話:011-889-2061)
南区役所(給付係 電話:011-582-4770)
西区役所(給付係 電話:011-641-6973)
手稲区役所(保険係 電話:011-681-2568)

3.とくとく健診・特定保健指導の制度全般については
【保健福祉局保険医療部国保健康推進担当課】(電話:011-211-2887)(FAX:011-218-5182)本庁舎4階

関連ホームページ

関連する質問

管理番号:393805