文字サイズ

よくあるご質問 >福祉・保険年金 >障がい者 >障がいのある人のための緊急時の連絡手段について知りたい

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ 障がいのある人のための緊急時の連絡手段について知りたい

札幌市では、障がいのある方のための緊急時の連絡手段の確保等のために、以下のようなことを行っています。

《福祉電話》(※新規受付は、平成19年(2007年)3月末をもって終了しました)
難聴者または重度の障がいのある外出困難な在宅の方に、非常時の連絡用としてお貸ししています。

[対象]
次の要件をすべて満たす方
a.年齢が満18歳以上の難聴または外出困難な身障(原則2級以上)の方
b.所得税又は住民税非課税世帯に属する
c.現に電話を所有していない
d.電話を使用できる
e.平成19年(2007年)3月31日までに福祉電話の貸与の決定を受けており、引き続き貸与を受けている方

[費用]
機器の廃止に要する工事費…市が負担
基本料金、通話料、各種サービス料、機器の移転工事費等…利用者負担

《身体障がい者あんしんコール》
ひとり暮らしで重度の身体障がいのある方の家に、ボタンを押すだけで専用の受信センターに繋がる通報機器を設置し、以下の3つのサービスをご利用できます。
[健康に関する相談]
健康等のご相談を24時間体制でできます。
[お元気コール]
受信センターから、定期的に利用者に電話をして近況を伺います。
[緊急時の通報]
急病などの緊急の際は、通報機器の緊急用ボタンを押すと、受信センターが救急車の手配や緊急連絡先などへ連絡をします。

[対象]
18歳以上の身障(原則2級以上)の原則一人暮らしの方で、次のいずれかにあたる方
a.移動能力に障がいがあるため、緊急時の避難や連絡手段の確保が難しい方
b.内部障がいのため、日常生活に特に注意を要する方
※同居者がいる場合でも、その同居者の誰もが「身体障がい者(1級または2級)で上記を満たす」、「65歳以上高齢者で要介護認定を受けているか慢性疾患がある」、「85歳以上高齢者」のいずれかに該当するときは、対象となる場合がありますので【区役所保健福祉課】にご相談ください。

[利用条件など]
a.原則、固定電話回線があること(通報機器は、NTTアナログ回線への取り付けが原則ですが、NTTアナログ回線以外をご使用で、通報機器を取り付けることができない場合や、固定電話をお持ちでない場合は、無線型の通報機器をお渡しします。)
b.緊急連絡先の登録が原則必要
※診療や治療行為、身体介護などの介護サービス、警備業法に定める警備業務は行いませんので、予めご了承ください。

[費用]
機器とその設置費用…利用者の市民税課税状況に応じて無料~900円(月額)
受信センターへの通報や相談…無料
※毎年7月に、当該年度の市民税課税状況に基づき見直します。

《お問い合わせ先》

【各区役所保健福祉課】
中央区役所(代表電話:011-231-2400)(FAX:011-231-2346)
北区役所(代表電話:011-757-2400)(FAX:011-736-5378)
東区役所(代表電話:011-741-2400)(FAX:011-711-2900)
白石区役所(代表電話:011-861-2400)(FAX:011-861-2608)
厚別区役所(代表電話:011-895-2400)(FAX:011-896-0930)
豊平区役所(代表電話:011-822-2400)(FAX:011-833-4096)
清田区役所(代表電話:011-889-2400)(FAX:011-889-2703)
南区役所(代表電話:011-582-2400)(FAX:011-584-9008)
西区役所(代表電話:011-641-2400)(FAX:011-641-0372)
手稲区役所(代表電話:011-681-2400)(FAX:011-694-0530)

【保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課】(電話:011-211-2936)(FAX:011-218-5181)

関連ホームページ

関連する質問

管理番号:448