文字サイズ

よくあるご質問 >防災対策・消防 >防災 >ガソリンや灯油の取り扱いで注意する点はありますか

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ ガソリンや灯油の取り扱いで注意する点はありますか

《危険物を保管するとき》
ガソリンや灯油は、適正な容器で安全な場所に保管しましょう。
暖房器具に注油するときは、必ず消火してから行いましょう。また油種を確認しましょう。ガソリンはオレンジ色、軽油は淡黄色などに着色されており、どちらも灯油用の器具に使用すると火災発生の危険があります。

《お問い合わせ先》
【各消防署予防課】

【中央消防署】札幌市中央区南4条西10丁目(代表電話:011-215-2120)
【北消防署】札幌市北区北24条西8丁目(代表電話:011-737-2100)
【東消防署】札幌市東区北24条東17丁目(代表電話:011-781-2100)
【白石消防署】札幌市白石区南郷通6丁目北(代表電話:011-861-2100)
【厚別消防署】札幌市厚別区厚別中央1条5丁目(代表電話:011-892-2100)
【豊平消防署】札幌市豊平区月寒東1条8丁目(代表電話:011-852-2100)
【清田消防署】札幌市清田区平岡1条1丁目(代表電話:011-883-2100)
【南消防署】札幌市南区真駒内上町5丁目(代表電話:011-581-2100)
【西消防署】札幌市西区発寒10条4丁目(代表電話:011-667-2100)
【手稲消防署】札幌市手稲区手稲本町2条5丁目(代表電話:011-681-2100)

《LPガスに関する相談》
LPガスボンベの設置などについては、販売契約を結んでいる販売所にご相談いただくか、【消防局予防部査察規制課保安係】にお問い合わせください。

《ガソリンスタンドにおいて、プラスチック容器でガソリンは購入できないのでしょうか》
乗用車で自動車用燃料としてガソリンを運ぶ場合は、性能試験に合格した「22リットル以下の金属製ドラムまたは金属製容器」または「10リットル未満のプラスチック容器」を使用しなければなりません。ガソリンスタンドやホームセンター等で、試験確認済証や認証マークのあるガソリン専用容器を購入後、ガソリンスタンドのスタッフに注油してもらってください。
なお、セルフスタンドでも、客自身がガソリンを容器に注入することは禁止されています。

《屋外で灯油を500リットル以上1,000リットル未満のホームタンクで保管したい》
札幌市火災予防条例の規定に基づいて設置していただきますが、概要として次の事項が規制の対象となります。
(1)タンク周囲の空地として1メートル以上保有する
(2)危険物が漏れた場合の流出防止として防油堤を設ける
(3)消防署に届出をする

《灯油用ホームタンクは定期的に内部を洗浄しなければならないのでしょうか》
洗浄の義務はありません。
しかし、結露による水分やごみが徐々にたまるので、暖房機器に不具合が起きることがあります。気になる場合は、専門業者に洗浄してもらいましょう。

《お問い合わせ先》
【消防局予防部査察規制課】(電話:011-215-2050)

関連ホームページ

管理番号:386