文字サイズ

札幌市役所

よくあるご質問 >健康・医療・衛生 >その他 >未熟児で入院していますが、医療費の公費負担制度はありますか

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ 未熟児で入院していますが、医療費の公費負担制度はありますか

市内に居住し、医師が入院治療を必要と認めた未熟児で、以下のどちらかに該当する場合に医療費を公費負担する「未熟児養育医療」があります。

(1)出生時体重が2,000グラム以下
(2)生活力が特に弱く一定の症状がある。

申請が認められると、保険診療と入院食事療養費の自己負担分について指定養育医療機関で医療を受けた場合に公費負担が行われます。

扶養義務者の所得に応じて自己負担額が決定されます。

退院後の申請については、認められません。

申請には、申請書、医師の意見書等の書類が必要となります。
詳しくはお住まいの区の【保健センター】へお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
【各区保健センター】
 中央保健センター (電話 011-511-7221)
 北保健センター  (電話 011-757-1181)
 東保健センター  (電話 011-711-3211)
 白石保健センター (電話 011-862-1881)
 厚別保健センター (電話 011-895-1881)
 豊平保健センター (電話 011-822-2472)
 清田保健センター (電話 011-889-2049)
 南保健センター  (電話 011-581-5211)
 西保健センター  (電話 011-621-4241)
 手稲保健センター (電話 011-681-1211)

関連ホームページ

管理番号:1550