FAQ 時計台の観覧について

明治11年(1878年)に建築された旧札幌農学校演武場(時計台)。
今でも正確に時を告げる時計台の時計は、動力に重りを利用した振り子式で、電気やコンピューターを使っていません。重りの巻き上げは、人力で行っています。


時計台の観覧時間等は下記のとおりです。


所在地:札幌市中央区北1条西2丁目1番地
利用料金:(観覧)大人200円 高校生以下無料、団体180円(20人以上)、毎月16日は市民無料デー
開館時間:8時45分~17時10分(入館は17時まで)
休館日:1月1日~1月3日
交通案内:地下鉄「大通」駅降車、31番出口より徒歩約3分。または7番出口より徒歩約5分
JR「札幌」駅南口から徒歩約10分
駐車場:なし


《ライトアップについて》
期間:一年中
時間:日没~21時30分


《2階「時計台ホール」のご利用について》
利用時間:17時30分~21時00分
使用料:一般の方は6,000円です。(使用目的によっては料金が異なります)
空き状況や予約方法など詳細については【札幌市時計台】までお問い合わせください。
《市民無料デー》
実施期間:2019年1月16日~2023年3月16日予定
対象:時計台窓口で札幌市民であることを証明できるマイナンバーカード・運転免許証、保険証等を提示された方のみです。団体客の中に札幌市民がいた場合、当該札幌市民のみを対象とします。(証明できる書類が必要です。20名以上の団体には団体割引を適用しますが、その人数に当該札幌市民も含めます。)
経緯:時計台創建日である10月16日にちなみ、毎月16日を市民無料デーとして設けることにしました。


時計台の詳細につきましては関連ホームページもご覧ください。
時計台ホールの利用状況もご覧になれます。


《お問い合わせ先》
【札幌市時計台】(電話:011-231-0838)
【市民文化局文化部文化財課】(電話:011-211-2312)

関連ホームページ

管理番号:9782