文字サイズ

よくあるご質問 >公共施設 >市民利用施設 >下水道科学館とはどのような施設ですか

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ 下水道科学館とはどのような施設ですか

札幌市下水道科学館は、普段目にする機会の少ない下水道について、その仕組みや水環境の保全に果たす役割などを、楽しく学べる施設です。
1階では、川の流れのグラフィックがフロア全体に展開しており、一部のエリアでは、来館者が川で泳ぐ魚や川辺の鳥のシルエットに近づくと、川面に波紋が広がったり、魚や鳥が飛びだしたりするさまを疑似的に体験することができます。
2階では、下水処理を行っている水再生プラザの運転操作や、下水道管内の点検・調査を行うテレビカメラ車の遠隔操作など、来館者が下水道施設で行われている仕事を擬似的に体験することができます。
地下4階では、実際に使用している雨水貯留管をガラス越しに見ることができ、雨天時には雨水が流入する迫力ある様子を見ることもできます。また、隣接している創成川水再生プラザ(下水処理場)の見学を行うことができます。

※なお、現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、地下4階の展示施設と創成川水再生プラザ見学は休止しています。再開のご案内については、ホームページでご確認をお願いします。

《所在地:札幌市北区麻生町8丁目(電話:011-717-0046)》

《入場料:無料》

《開館時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)》

《休館日:毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始》
ただし、月曜が祝日の場合は、その翌日がお休みとなります。
6月から8月は休まず開館します。(一部例外がありますので、科学館にお問い合わせください。)

《乳幼児設備:授乳室、おむつ替え台、ベビーカー貸出、キッズスペース》

《交通機関:地下鉄南北線「麻生」駅下車2番出口より徒歩15分》
JR学園都市線「新琴似」駅下車徒歩15分
中央バス札幌ターミナル発(02・22・28・33・36番・石狩線・札厚線)「下水道科学館前」下車徒歩5分
麻生バスターミナル発(麻24・麻33・麻39番)「北営業所」下車徒歩5分
麻生バスターミナル発(01・03・麻01・麻03・麻32番)「新琴似12条1丁目」下車徒歩4分

《その他:【下水道科学館及び創成川水再生プラザの団体見学】》
申し込みは科学館で受け付けています。

【創成川水再生プラザの個人見学】
毎週第2・4日曜日の14時から見学会を行っています(予約不要、休止の場合あり)。

【マンホールカード】
札幌市が設置しているデザインマンホール蓋のデザインの由来などを紹介する「マンホー  
ルカード(第1弾)」を配布しています。(1人につき1枚のみ)

《お問い合わせ先》
【下水道科学館】(電話:011-717-0046)
【下水道河川局経営管理部経営企画課】(電話:011-818-3452)

関連ホームページ

管理番号:555