よくあるご質問 >福祉・保険年金 >障がい者 >聴覚や言語に障がいのある人のための制度について知りたい

FAQ 聴覚や言語に障がいのある人のための制度について知りたい

札幌市では、耳の不自由な方などのために以下のような制度を設けています。

【手話通訳者の派遣】
聴覚障がいのある方などのために、依頼に応じて手話通訳者を派遣しています。
[対象]聴覚及び音声言語機能に障がいのある方
[費用]無料

《お問い合わせ先》
【公益社団法人札幌聴覚障害者協会 通訳派遣室】札幌市中央区大通西19丁目札幌市視聴覚障がい者情報センター2階
(受付専用電話:011-633-7575)(FAX:011-633-7600)
※受付時間:月曜日~金曜日の9時00分~17時00分(FAXは24時間受信可能)


【失語症者向け意思疎通支援者の派遣】
失語症と診断された方の外出時のコミュニケーション支援を行います。

[対象]
音声・言語・そしゃく機能障害4級以上の身体障害者手帳をお持ちの方
医師に失語症と診断された方

《お問い合わせ先》
一般社団法人 北海道言語聴覚士会 意思疎通支援部
電話:070-1253-8669
Eメールアドレス:shien@st-hokkaido.jp


【要約筆記者の派遣】
聴覚障がいのある方のために要約筆記者を派遣します。
[対象]聴覚障害による身体障害者手帳をお持ちの方等
[費用]無料


【盲ろう者通訳・介助員の派遣】
視覚と聴覚の両方に障がいのある方(盲ろう者)のコミュニケーションや外出支援を行います。
[対象]視覚障がいと聴覚障がいを合わせた障がい程度等級が2級以上の方


【言葉の教室】
[対象]失語症の方を対象に、言語聴覚士によるリハビリを行います。


【音声機能障害者発声訓練】
咽頭の摘出などにより声の出なくなった方に発声訓練を行います。

[場所]
【札幌市身体障害者福祉センター】札幌市西区二十四軒2条6丁目(電話:011-641-8850)(FAX:011-641-8966)

《お問い合せ先》
【身体障害者福祉協会】札幌市西区二十四軒2条6丁目札幌市身体障害者福祉センター内
(電話:011-641-8853)(FAX:011-641-8966) 
平日:8時45分から17時15分まで
※土曜日・日曜日・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く


【聴能言語訓練】
聴覚に障がいのある方が意思疎通を行うための訓練を行います(補聴器装用訓練、発声・発語読話訓練)。

《聴覚障害者社会生活教室》
人間関係や一般教養に関する学習や研修を通じた交流を行います。
[対象]聴覚や発語に障がいのある方

《お問い合わせ先》
【公益社団法人札幌聴覚障害者協会】
札幌市中央区大通西19丁目(電話:011-642-8010)(FAX:011-642-8377)

関連ホームページ

管理番号:451