文字サイズ

札幌市役所

よくあるご質問 >健康・医療・衛生 >その他 >妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)により入院しましたが医療費の助成はありますか

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)により入院しましたが医療費の助成はありますか

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、糖尿病、貧血、産科出血、心疾患により、7日以上入院した場合、療養に要する費用の一部を支給します。
支給対象者は対象疾病にり患している妊産婦です。(妊娠中または出産後10日以内の女子をいう)
ただし、前年分の所得税課税額の年額が15,001円以上の世帯に属する方及び助産施設への入所措置を受けた方は支給の対象となりません。
申請には、申請書、医師の診断書などの書類が必要となりますので、お住まいの区の【保健センター】へお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
【各区保健センター】
 中央保健センター (電話 011-511-7221)
 北保健センター  (電話 011-757-1181)
 東保健センター  (電話 011-711-3211)
 白石保健センター (電話 011-862-1881)
 厚別保健センター (電話 011-895-1881)
 豊平保健センター (電話 011-822-2472)
 清田保健センター (電話 011-889-2049)
 南保健センター  (電話 011-581-5211)
 西保健センター  (電話 011-621-4241)
 手稲保健センター (電話 011-681-1211)

関連ホームページ

管理番号:1541