文字サイズ

よくあるご質問 >税金 >固定資産税 >数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったがなぜか

新型コロナウイルス感染症に伴う市有施設の休館等、札幌市主催・共催等イベントの開催状況等の最新情報につきましては、札幌市ホームページをご覧ください。

FAQ 数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったがなぜか

新築住宅に対しては、減額制度が設けられており、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(3階建て以上の耐火、準耐火住宅は5年度分)、認定長期優良住宅の場合は5年度分(3階建て以上の耐火、準耐火住宅は7年度分)に限り、120平方メートルまでの居住部分に相当する固定資産税額の2分の1が軽減されます。

この新築住宅に対する減額措置が終わったため、本来の税額に戻ったことがその理由です。

なお、都市計画税には、この減額制度はありません。

また、新築住宅の減額の適用が終了した場合のほか、増築をされたときは、その翌年度分から増築分の固定資産税分も課税されることになりますので、このような場合も、従来の年度より家屋の固定資産税は高くなります。

《お問い合わせ先》
【各市税事務所固定資産税課家屋担当】
中央市税事務所(電話:011-211-3918) 担当区:中央区
北部市税事務所(電話:011-207-3918) 担当区:北区、東区
東部市税事務所(電話:011-802-3918) 担当区:白石区、厚別区
南部市税事務所(電話:011-824-3918) 担当区:豊平区、清田区、南区
西部市税事務所(電話:011-618-3918) 担当区:西区、手稲区

※業務時間:月曜日~金曜日の8時45分~17時15分
閉庁日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

関連ホームページ

管理番号:1236